ライブチャットは高時給だけど出来高制

よく女性の高時給のアルバイトとして紹介されているライブチャットレディですがみんなが確実に稼げているのか?というと実はそうではありません。
時給が高いって嘘なの?と思うかもしれませんが、それは働いている時間を時間給に換算したらそれぐらいの時給になるという話であってその時間拘束されていたとしてもライブチャットをしていなければ時給は発生しない、出来高制のアルバイトだからです。
もう少し分かりやすく説明するとこうゆう事です。
Aさんがライブチャットでチャットレディとして働いているとしましょう。
Aさんは20時〜24時の4時間をライブチャットで働きたいと思って待機室で待っています。
20時30分に1人の男性が相手として選んでくれたのでライブチャットをしましたが話が盛り上がる事なくわずか10分で退出してしまいました。
再度待機室へ戻り今度は9時から入室し、1時間ライブチャットをしましたが、週末の夜だからでしょうかライブチャット参加者は少なくその後2時間は呼ばれる事なく待機で終わってしまいますた。
この場合Aさんが実質働いた時間数は4時間分の時給が発生する事なく、1時間10分分の時給が発生するだけです。
登録するサイトによっては待機中も時給の1割分の金額が発生するというサイトも存在しますが、Aさんが登録しているサイトは待機中は料金が発生しないサイトなので4時間分稼ごうと思ったら馴染みのお客さんを作り、例えば人が少ない夜などにライブチャットのお誘いメールを送り入室してもらい待機時間を減らしたり、また新規のお客さんに選んでもらえるように男性受けのいいメイクや服装をしてみたりとそして実際にライブチャット中にも楽しいと思ってもらえるように、時間を延長してもらえるように話術を磨くなど稼ぐためにはどんな世界であっても努力が必要なのです。

ライブチャットのサイトをかけもちをする女性

女性の多くはライブチャットのサイトを複数登録しかけもちで利用しています。
なぜかけもちをするのか?というといくつか理由はありますが、一番の理由は待機時間を減らすためです。
ライブチャットではチャットをしている時間帯のみ1分単位で料金が発生し、それが女性の稼ぎとなります。
そのため待機時間が長いとあまり稼ぐ事が出来ません。
複数のサイトに登録する事で待機時間を極力減らそうというわけです。
そして登録しているサイトによってタイプが異なります。
男性はどんな女性が登録しているのか、そのタイプでライブチャットを選ぶとも言われています。
そのため複数のスマホライブチャットに登録している方がいろんなタイプの男性と出会えるというわけです。
他にもキャンペーンを活用するためにサイトを複数かけもちしているという女性もいます。
キャンペーンとはいろんなサイトが実施していて、クリスマスなどのイベントDAY以外にもサイト運営○周年記念キャンペーンなどがあります。
キャンペーン中は男性はお得にライブチャットを利用出来るため普段よりも参加者が増え活気があります。
ライブチャットは自分を指名してくれる人が増えるに越したことがありませんから、新規客をキャンペーンで獲得するチャンスなのです。
もっともライブチャットのかけもちはサイトで禁止されている事なので女性はバレないようにこっそりとかけもちをしましょう。